超大型くじ再考

ここ日本において、スポーツベッティングは知名度が低い。日本での知名度がある程度確立している類似のギャンブルと言えば、「toto」ではないだろうか。スポーツベッティングはギャンブルが嫌いな人や苦手な人にも受け入れられているようだ。ギャンブルどころか、スポーツにも関心がない人々にも支持されており、単に大統領選や天気、株式市場、テレビ放送に関心を持っているだけ・・・という人もいるようだ。もちろん、スポーツについては勝敗だけでなく、反則の回数や交代選手など、賭け方のバリエーションは実に多岐にわたる。娯楽要素は尋常ではないほど強い。老若男女を問わず、あらゆる人々が空いた時間に友人や同僚たちと盛り上がったり、単純に暇つぶしとして利用したり、真剣にスポーツベッティングに挑んだり・・・と楽しみ方は人それぞれである。万人を惹きつける力を持っているがゆえに、プロモーションの弱さがネックだ。メディアを多用し、決して「いやらしさ」をアピールせずに触れ込むことは難しくないはずだ。今後の発展に期待したい。